1980年の大阪国際空港 32R編


    32L編と同じ日の録音です。32R端に移動して、目の前を行き交う機体を狙いました。
   今は閉鎖されていますが、空港トンネルの入り口そばに、32R端に入れる小さな小道が
   あり、カメラ小僧たちが撮影する、絶好ポイントでした。フェンス越しですが32Rを使うB3
   やYS、32Lに向けてタキシングする大型機を、超接近で見られました。

    YS-11がホールド中の、うるさいばかりのダート・エンジンの金属音が印象的です。B3の
   離陸は、お腹に響く爆音でした。その前をD10やB4、L10など大きなJETが通過して行き、
   32Lに降り立った機体は、リバース音を轟かせます。YSやB3の離陸にあたっては、離陸
   滑走開始以前に、長いホールド時間があります。長尺ですのでお気を付けください。
                                            (35min. 35sec. 66.7M)
     
02:45 Y11(JD TOWADA) T/O & B4(JL) REV, 05:00 Y11(JD MIYAJIMA) T/O, 05:50 Y11 LDG, 07:22 Y11(JD HIDA) T/O, 09:08 B3(NH) T/O,
11:00 B2(NH JA8351) T/O, 11:44 Y11(JD) T/O, 11:53 D1O(JL JA8357) TAX, 13:07 A3(KAL HL7238) T/O, 14:53 Y11(JD) LDG, 16:25 Y11
(JD) T/O, 18:35 Y11(NH JA8698) T/O, 18:48 B4-SR(JL JA8126) T/O, 19:48 Y11(JD) T/O, 20:15 B4(NH) REV, 20:49 B4(JL) REV, 26:31
Y11(JD KUMANO) T/O,27:40 B2(NH) REV, 28:00 Y11 (NH JA8821) T/O, 28:21 Y11 (NH JA8722) LDG, 28:34 B4(LFT) REV, 29:05 A3(KAL
HL7246) T/O, 29:58 B2(NH) T/O, 33:31 Y11(NH JA8706) T/O, 33:51 D9(JD) REV, 34:28 D10(JL) REV, 34:47 Y11(JD HIDA) TAX
                                             ※ 録音当時記録のタイム・データー
     1980年6月22日録音(伊丹)
       録音場所:Runway32R端


                         TOP         


   Copyright(c) 2018 Lemefus. All rights reserved.